الرئيسية » خاص «برس - نت» »

キャセイパシフィックは中国当局の圧力に屈し

キャセイパシフィック航空の操縦席が中国政府に押し入られた。同社は中国当局の圧力に屈し、本土と香港を結ぶ便や、中国領空を通過する便の乗員の身辺情報を提供することを受け入れた。「あまりにも過激な」職員は完全に締め出されるs

キャセイとその親会社スワイヤー・パシフィックは、とりわけこうした介入に弱いs

香港の現地企業であるキャセイは過去数十年、この都市とともに影響力を広げてきた。従業員約2万7000人の多くは香港を拠点としている。それだけに、中国当局に譲歩した痛みはなおさら強いs

ジョン・スローサー会長は7日の決算発表で、従業員が「逃亡犯条例」改正案への抗議デモに参加した問題について、干渉しないと明言していた。しかし、この姿勢は長続きしなかった。ルパート・ホグ最高経営責任者(CEO)は、乗員の身辺情報を提出するなど、中国航空当局の要請を受け入れると従業員に伝えたs

すでに同社は、暴動罪で起訴されたパイロット1人を停職処分にしている。また、香港警察のサッカーチームの渡航情報を漏らしたとして、地上職員2人を解雇しているs

もともとホグCEOは、米中貿易摩擦で貨物取扱量が減少していることへの対応に追われていた。同社の収益改善計画はトップラインの伸長に過度に依存しており、今回の問題で取り得る選択肢は乏しかった。キャセイに「国内路線」はなく、中国本土の乗客を失う余裕はないs

اُكتب تعليقك (Your comment):

تغريدات خارج السرب

إعلان

خاص «برس - نت»

صفحة رأي

مدونات الكتاب

آخر التعليقات

أخبار بووم على الفيسبوك

تابعنا على تويتر

Translate »